岩上真弓

岩上真弓

2020年9月19日
【クイーン&プリンセス姫ナイン】

「過去を超えたい」

2次のオーディションで、発した言葉です。


私は、19歳の時に「好きなことをして生きて行く!」と決めました。

そして、21歳で書道家として独立をし、毎年、自分の仕事をブラッシュアップしながら、今年は、パフォーマンスを始めよう!今年は、海外進出!!去年はフランスだったから今年はイギリスで、学校でやりたい!!など、自分の望みに忠実に生きていたので、とても楽しく毎日を過ごしていました。
自分の書道のTV番組も持ち、リポーターをしたり、好きなドレスのモデルをやった
り・・・
とても楽しくイキイキしていました。


しかし、自ら望んだ結婚して、子どもが生まれてから私は、どんどん「母親」という意識に縛られて、家で過ごし、メディアに出ることも、家族以外の人と交流することも少なくなりました。
何と言っても、思い通りに大好きな仕事ができないことが、とてもストレスになり、朝起きれなくなり産後鬱になりました。

そこで、また独身の時の私に戻りたい!!と、強く願った時にHAPPYちゃんを知り、今までなぜうまく行っていたのか?今、なぜ産後鬱になっているのか?が理論的によくわかりました。

それから、日常に宇宙理論を取り入れて、良い母親になることを辞め、どんどん現実は良い方向へ変わっていきました。

仕事も順調で、スピリチュアルに何も興味がなかった旦那さんも、私が変わって行くのを見て、私より先に覚醒しました!!(今はイエスになられました)


仕事も夫婦関係も順調だと思って、走り続けていました。


しかし、ラムダ癖が祟り、今年の6月、1ヶ月何も動けなくなりました。
強制ストップなのは、なんとなくわかったので
それを許可してずっと寝ていたら…


「過去を超えたい」
「史上最高の私になりたい」


という望みが出て来ました。それからです。
何か、私の中で大きく変わって行くのを感じました。そうしたら、今回のモデルのオーデ ィションで、HAPPYちゃんに

「ビジュアルをもっと出して!アパレルとか好きやろ?」と言われ、

書道だけじゃなく、もっと自分を表現して良いんだ!!と、気づきました。

現実的に、過去の売り上げを更新しても、なんとなく過去の自分の方が輝いて見えた原因がよくわかりました。

過去の私は、私全部で表現していたのが、
書道だけで表現する今になっていて

私自身が輝くことをやっていて楽しかったのが、
家族のことが一番で自分のことは、2の次にしていたのです。無意識のうちに。

家族を一番に。っていう言葉、良い言葉に聞こえるけど、
どこかで家族のことを全信頼できてないから、私がやらないと!私が家族を守らないと!と、そんな意識になっていたことにも気づけました。

今回の姫ナインのステージでは、
私は、私を一番に考えてあげて、常に私に最高の景色を見せてあげよう!と決めています。

そして、「過去を超える」そのために、
私全てで表現し、
自分と家族、宇宙、そして今回ご縁をいただいた姫ナインとVictria5の仲間を全信頼し、
自分の細胞全てを輝かせます。

ここに今いること、
この私で存在できていること、
周りに大好きな人たちがたくさんいることが
とてもとても幸せです

@angelicmayu