2001年のあの時の感情と”今”が交錯する

2001年のあの時の感情と”今”が交錯する

【each my story】

今まで見て味わうだけだったけど、

出演する側になると、ほんとに自分がわかってないということに、嫌でも向き合うことになる。

  

まだこんなに思い込みがあったのかと自分に驚く。

今、今、今にいないと、振り落とされそうだ。 

  

シンプロを通じていろんなものが、

チャレンジが、

怖さが、

希望が、

拡大が、

発見が、

醜さが、

輝きが、

  

山ほどあって、

アップダウンがすごくきつかったりもするけど、

今までの自分を迎えに行っている気持ちだ。

まるで伏線を回収している気分。

  

人生の初めて買ったCDが、あゆのエボリューション

人生で初めて、歌詞に共感し、励まされ、歌の力を感じたのが、あゆのA song for xx

人生で初めてカラオケで90点代を出したのは、あゆのvoyage

人生で初めて観に行ったライブがあゆのmystoryツアーライブ

音楽が大好きな、アーティスト、ライブが好きなわたしの原点は、あゆだった。

今回の、みんなで浜崎あゆみのステージ出演が決まってから分かったこと。

  

思い出した。

  

あゆのライブを見たときに、

死ぬほどときめいて、

可愛くて、

〝私もやってみたい〟って思ったけど、

普通の高校生で、

可愛い格好も許せてなかったわたしには

  

遠すぎてせつなくなった

  

こんな来世だったらいいなと思った感情を、

私を、

このステージで迎えにいく。

  

そんなシンプロの舞台は、

each my story

これから、わたしの世界が

もっと拡大し、始まる予感しかない。

  

ほんとうに、ありがとう。

怖さも弱さも全部抱えながら、それでも最高のわたしに逢いに、今を生きる。

  

  

yukie kuroda